切り剣 こと 切り絵創作家 Masayo

一枚の紙を切り抜いて描く単色の世界。美しくレースのような繊細な切り絵アートを目指す。切り絵初心者講座(やり方)、私のデザイン図案による作品紹介。

去年(2017年 夏)私の切り絵作品が初めてTwitterで『バズり』ました。

ツイッターでバズったおかげで 

 f:id:kiriesousakukamasayo:20180906161952p:plain

 

 

切り絵を始めたきっかけ

切り絵作家として名を売る事は若い頃からの夢でした。去年(2017年 夏)ツイッターで注目していただいて以来、切り絵でお金が稼げたということではありませんが、突然、切り絵作家としての道が開けました。

もともと絵を描くことが大好きで、高校生の時は美術部の部長。愛鳥週間ポスターコンクールで2年連続千葉県知事賞を取りました。

1回目の知事賞は高校2年の時。アクリル画のカンムリヅルを描いた作品でした。

 f:id:kiriesousakukamasayo:20180906172022j:plain
 
 
ちょうどその頃、友達の誕生日にバースデーカードとしてハート型の切り絵を作ってみました。それが初めての切り絵作品となりました。
 
当時の再現切り絵

f:id:kiriesousakukamasayo:20180906224108j:plain

 
最初はただのハート、次の作品は女の子の横顔、花束…と徐々に細かく、大きくなって行きました。
 
高校卒業後は美術系短大のデザイン科に入学しました。そこでは特に切り絵を習った訳ではありませんでしたが、卒業制作は畳大の切り絵を作りました。
 
 無題       1992年卒業制作

f:id:kiriesousakukamasayo:20180906172917j:plain

 
ハンミョウ   アクリルエアーブラシ

f:id:kiriesousakukamasayo:20180906173319j:plain

切り絵以外には写実系の絵を描く事が好きで、趣味で鉛筆画、アクリル画をよく描いていました。
 
短大卒業後、就職したのは時計修理会社。絵を職業にしたかったのですがそこまでの度胸もなく、手先の器用さを活かした仕事が出来る会社の面接を受けました。
 
ただ、口下手で物凄くあがり症な私は手先の器用さをうまくアピールする自信がなかったので切り絵の作品を面接に持って行きました。
 
その甲斐あって無事現在も在籍している時計修理会社に入社する事ができました。
 
  鳳凰 size A4 1993年制作

f:id:kiriesousakukamasayo:20180906172137j:plain

 
会社員をして趣味で鉛筆画、Photoshopを使ったイラスト、切り絵などを楽しんでいました。
 
鉛筆画(シャーペン) size A4

f:id:kiriesousakukamasayo:20180906174138j:plain

 

イギリスのロックバンド(ツアーパンフ) Photoshop 2003年制作 size A4

f:id:kiriesousakukamasayo:20180906174337j:plain

 
鉛筆画(シャーペン) size A4

f:id:kiriesousakukamasayo:20180906175044j:plain

 
結婚して子供もできて忙しくも充実する毎日ですが、 『でもやっぱり絵が好き!』と言う思いは消えません。
 
もっと沢山の人に作品を見て欲しいと思い、公民館などの無料施設で切り絵や鉛筆画などの展示を何回か開催しました。
 
当時、Masayo Graphicsというアート系ホームページを開設して、作品の発表などをしてきましたが、今のように沢山の人に見て貰える様なネット環境では無かったです。もっとアピールする良い方法はないものか?と考えたのですがなかなかうまく行きませんでした。
 
その頃からSNSを利用するようになり、mixi、pixivを経て日々のいろんな事、好きなミュージシャンの事を呟くツイッターアカウントを開始。
 
そして切り絵専用のツイッターアカウント『切り剣 @kiriken16』を開設しました。そこでは切り絵の仲間などができ、創作する仲間同士楽しくさせて頂いています。
 
作品の投稿や日常的なこと、新作発表の場として投稿をしていつも沢山のリプを頂き、徐々にフォロワー数も増え、趣味の切り絵もいろんな人に観て頂けるようになりました。
 
 
初めてのバスリ体験 
頑張って切り絵を制作をして発表はしますが、いまいち沢山の人に見てもらえない…。
 
身近かな人からは、「絵が上手だね、Masayoちゃんの切り絵細かくて素敵だね!、その才能生かさないと勿体ないね」というお言葉は頂けますが、それをどうすれば良いのか…。切り絵や絵画は楽くて私の生活の一部です。
 
いつも「もっと上手くなりたい!」と思っています。しかし積極的に発表の場を見つける勇気もなく自己満足の日々。
 
そんな毎日から脱出できたのはTwitterのお陰なのです。いつもと同じように作品にハッシュタグを付けて投稿しました。そして…なんかいつもと違うぞ!!スマホから、ブー、ブーと鳴り止まない、夜中もブー、ブーと…夫から「どうしたの!」と言われる。
 
「私の切り絵が沢山リツイートされているみたい!」と説明したら、もの凄く喜んでくれてました。最終的には、16,000件の「いいね」に9,000件の「リツイート」!!どんどん加算されていく「いいね」や「リツイート」、どこまで伸びるのか!凄くドキドキしましたが、とても嬉しかったです!
 
写真の撮り方が良かったのでしょうか?手の平に載せた切り絵です。メインの写真は、「オウムガイ」をモチーフにした手のひらサイズの小さな切り絵ですが貝殻の模様をこれでもかと細かく切ったものです。
 
手の平に切り絵を載せたことにより、切り絵の細かさが際立ち驚いて頂けたのでしょう。沢山のリプを頂きました!!!嬉しかった、有難うございました!!
 
 こんな内容です!!(皆さん有難うございます)「掌上に深海が見てます、神技です、綺麗、繊細、天才、ガラス細工みたい、紙だけに神レベル、人間業じゃない、プロの方ですか、凄い、素晴らしい、So Amazing!、とても幻想的な、繊細で美しい、芸術ですね、目を奪われた、繊細な芸術品、カミワザ、集中力半端ない、めっちゃ凄すぎる、切り絵のその先を見た、見惚れてしまう」などなど。
 
こんなこと初めてでしたので、切り絵のモチベーション上がりまくりです!!もっと、沢山な人に見て頂きたい気持ちが活動に拍車がかかりました。
 
このような投稿です 

久しぶりにこのツイートを目にして、この投稿が無かったらと改めて思います。

初めてのツイッターのバズりを経験して、私の作品を、FANDOさん、IRORIOさんや、そして海外メディアCOROSSALさんなどに取り上げて頂き、ライブドアニュース、YAHOO NEWSなどに繋がりました。(驚いて驚いて気持ちの方が追いつかず、嬉しい悲鳴を上げる!!)

 

日本テレビ ZIP! wave と言うコーナーに私の作品が!!
そしてついに念願のテレビ局からお声が掛かりました!!超嬉しかったです(^ ^)2017年8月2日の朝のニュース・情報番組『 ZIP!』のwaveと言うコーナーで紹介されました。
 
ツイッターで話題の『奇跡の手作業』という紹介でオウムガイの画像、その手載せバージョン、クラゲ(幽玄)や白鷺(凛)の画像が1分位放送されました。
 
枡太一さん、川島海荷さん、ココリコ田中さんなどいて海荷ちゃんが、「糸のように細く細部まで緻密なこちらの作品、デザインカッターで切りあげておよそ4ヶ月掛けて完成させたものです。その他にも様々な作品がツイッターで大反響…繊細すぎる切り絵でした!!!」と紹介。

皆さん切り絵の写真を見て
 
田中さん「お〜スゲ〜なぁ〜」「うわ〜」
枡さん「あのクラゲ凄いですね〜」
みんな「え〜!!アァ!!息を止めてしまう〜』
など
 
枡さんが目をまんまるにして切り絵を見つめていたのが印象に残りました!!嬉しかったです。
 
この後も、TBSやフジTVや新聞社などに取り上げて頂きました。どれも楽しくて貴重な経験をしました。
 
この後の切り絵作品でも再度沢山の反応を頂けた作品もありますが、また次の機会に紹介したいと思います。
 バスリに対しての思い 
今まで切り絵作品を制作してもアピールする場がない、皆さんに見て頂けない。自己満足の世界から脱出出来たのはツイッターで『バズった』からだと思います。
 
作品がバズれば沢山の人に見て頂けるし、私という切り絵作家がいるということを沢山の人に紹介できます。でも作品の本当の評価についてはそれだけじゃないと思います。
 
実際の作品を多くの方に生で見て頂き沢山の感動を与えられる作品だと思います。バズるには見せ方と運とタイミングがあると思います。
 
手の平に載せた切り絵がバズりましたが、それは手に載せたことでより細かさが皆さんに伝わったと思います。台紙貼った切り絵の写真だけでは、作品のサイズや細かさが伝わらないのではと感じています。
 
今では福田 理代という切り絵作家をアピールしたい作品は、台紙に貼った完成品の切り絵、手載せ切り絵、部分アップなどをセットで投稿しています。
 
沢山の人にツイッターで気に入って頂き、さらに個展等で実物を見て頂いて感動していただければそれが作品の評価だと思います。私の作品は写真より実際の切り絵作品の方がもっと喜んでもらえると思っています。
 
ツイッターを通して、皆さまに沢山の「いいね」を貰い、切り絵作家としての道を進む事が出来そうです。本当に感謝しています。これからも日々精進致しまして、さらに上を目指していきたいです。
 

 ▼ ランキングに参加しています。


デザイン・アートランキング

↑のバナーをクリックして頂けると嬉しいです

 

 
 

                   © Copyright2018 切り絵創作家 福田理代 All Rights Reserve